寒いほどに、うまくなる。 夜泣きうどん 肉たまあんかけ(並)五九〇円 おろししょうがをたっぷりと、あつあつ、とろとろ、お腹の底からあったまる。

味わい方

  1. (一)「たっぷり玉子」の熱々あんかけを
  2. (二)打ち立て・茹でたてのうどんにかける
  3. (三)その上に甘辛く煮た「牛しぐれ煮」
  4. (四)食べる際にはたっぷりの「おろししょうが」を

素材、仕込み、 丸亀のこだわり。

素材をクリック

  • 牛肉
  • 玉子
  • しょうが
商品開発担当 森
底冷えする時期に最適なうどんを作りたい。食べている時だけではなく、食べた後もずっと温かさの残るものをお出ししたい。そんな想いから今回は「玉子あんかけ」をベースにしました。ですがそれだけでは丸亀製麺らしい新鮮な驚きのあるうどんにならない。そこで、明太子、かに、梅干しなど、「玉子あんかけ」に合う具材を追求し、試行錯誤を重ねました。そしてその中で最も相性がよく食べ応えもあったのが「牛しぐれ煮」です。からだを芯から温めながら、お腹もしっかり満たしてくれる「肉たまあんかけ」。この冬にぴったりの一品です。

夜なきうどんって?

「夜なき」は、江戸時代から続く風情ある食の文化。夜に、商人が屋台を担いで、蕎麦やうどんを売り歩くときの、鳴り物の音が、鳥の鳴く哀愁ある声に囀られ、「夜鳴き(よなき)」といわれたそうです。

夜なきうどんは、温活の味方?

冬のからだに、冷えは大敵。しょうがや、熱々あんかけは、寒い夜の体を、ぽかぽかと温めるちからがあります。夜なきは、寒い季節の元気を支えるうどんです。

発売日:2016年11月2日(水)~2017年1月中旬予定※販売状況によって、販売終了時期が店舗ごとに異なる場合があります。販売エリア:「丸亀製麺」全店※一部店舗では販売していない場合があります。

先頭へ戻る