うどんをおいしくする景色

うどんのうまさを決めるのは麺のコシだけでしょうか だしの味わいだけでしょうか もうもうと湯気が立ちのぼり ぐらぐらと踊る大きな釜 うちたて 新鮮な麺がつぎつぎとゆであがってゆく そんなうどんをつくる景色もうどんをおいしくしています 見て味わう食べて味わうおいしいうどんは二度おいしい

打ちたて、茹でたて、締めたて。「手づくり」「できたて」にこだわり、一杯のうどんに心を込めて。
美味しい食事をお楽しみいただくため、「人のぬくもり」にこだわります。ほんとうに喜んでいただくためには、手間ひまかかっても、効率が悪くても、人の手で一つひとつ、お客様の目の前でつくります。麺を打つ人、茹でる人、天ぷらを揚げる人、おむすびをむすぶ人など、店舗ではたくさんの人が美味しいお食事を提供するために働いています。安心・安全な材料を揃え、一生懸命人の手をかけてお出しすることこそが、そもそもの食の原点。 だからこそ、丸亀製麺では「人のぬくもり」にこだわるのです。
麺の「こだわり」国産小麦100%のの香りと味わいを、絶妙に引き出す。
丸亀製麺のうどんは、北海道産小麦と塩と水だけを使って作ります。シンプルな素材だけを使うからこそ、素材の持つほのかな香りと味わいが分かるのです。季節やその土地の気候に合わせ、製麺を担当する職人が毎日微調整しながら店内で仕込み、一晩寝かせた生地を麺に仕上げます。また釜担当の職人は、毎日毎日その日の麺の状態を見極めて麺を茹であげます。丸亀製麺では2種類の麺があり、商品によって茹で時間には違いがあります。茹であがった麺を釜から直接提供するのは釜揚げ麺。もっちりした食感と、ほのかに香る小麦の香りが特徴です。もう一つは冷水で締めた麺です。こちらはツルツルとした食感と喉越しの良さが特徴です。共に鮮度は抜群です。こだわりの麺をお楽しみください。
だしの「こだわり」だしだって手を抜けない、毎日毎日手間ひまかけてつくります。
麺の美味しさを引き出すだしは、麺とともに讃岐うどんのもう一つの主役。丸亀製麺では毎日、各店で北海道産昆布と削り節からだしをひきます。だしのベースとなるカツオ節には、手間隙をかけて仕上げる手火山式(てびやましき)の本枯節(ほんかれぶし)を追加しました。更に新たな素材として、あごが落ちるほど美味しいことが名前の由来とされるアゴ(トビウオ)を加え、だしを上品な味わいと香りに仕上げました。新鮮で風味豊かなだしを楽しんでいただくため、一度につくる量にも厳しい決まりがあります。毎日何度も何度もだしをひくのです。だしづくりにも、できるだけ人の手をかけこだわるのが丸亀製麺流です。
薬味の「こだわり」讃岐うどんを美味しくする、選び抜かれた名脇役たち。
讃岐うどんの昔ながらの美味しさを追求する丸亀製麺は、当然うどんに欠かせない薬味にもしっかりこだわっています。ショウガ、青ネギ、天カス、ゴマなど、薬味コーナーで自由に好きなだけお取りいただくこのシステム(※)は、もちろん讃岐の大衆セルフうどん店ならおなじみのもの。新鮮な青ネギをたっぷり乗せてお楽しみください。また、讃岐うどんに欠かせない薬味の一つであるショウガは、毎日店内ですりおろして提供しています。手間はかかってもすりたてならではの香りと適度な辛みが讃岐うどんの風味を絶妙に引き出してくれるからです。天カスも、すべて各店で揚げたもの。これは、天ぷらもすべて店内で揚げるためにできる、うれしい副産物。薬味も鮮度にこだわりますから、一日に何度も新しいものを準備しています。※ 一部の店舗では「薬味取り放題」ではない場合がございます。
先頭へ戻る