丸亀製麺まめちしき

TOP > 丸亀製麺まめちしき > うどんづくりは、人を育てることに似ている。

うどんづくりは、人を育てることに似ている。

“理想のおいしさ”を追求・実現するため、丸亀製麺には、“麺匠”が存在します。

ただひとりの麺匠・藤本智美は、全国の店舗を訪問し、麺の打ち方、茹で方、提供する麺の鮮度などを確認し、スタッフへの技術指導を行っています。

そんな藤本は、いいうどんをつくるのは「人を育てる感覚と似ている」と言います。

「うどんづくりは、夏と冬が難しい。夏は生地がだれやすく、冬はかたくなりやすいからです。気温が高くなる夏は、小麦粉と塩と水の温度を低く保って混ぜ合わせ、逆に冬は材料の温度を高くすることで、生地の温度を季節を通じて一定にします。材料一つひとつの温度を細かく管理して、丁寧につくりあげる。うどんづくりの工程は、人を育てる感覚と似ているかもしれません」

もっと見る