丸亀製麺まめちしき

TOP > 丸亀製麺まめちしき > うどんは鮮度。全店舗、“打ちたて、茹でたて”。

うどんは鮮度。全店舗、“打ちたて、茹でたて”。

丸亀製麺は、全国の店舗すべてに製麺機を置いて小麦粉から“打ちたての麺”をつくり、それをその場で茹でて、“茹でたての味”を実現しています。

丸亀製麺が“打ちたての麺”“茹でたての味”にこだわるのは、「新鮮なうどんは感動的においしい」から。これは、丸亀製麺の創業者が、讃岐うどんの本場・香川の製麺所で身をもって体験したことです。

うどんの原材料は、北海道産の小麦粉、塩、水だけ。シンプルな素材だからこそ、小麦粉のほのかな香りと味わいを引き出せるのです。製麺を担当する職人が、季節やその土地の気候に合わせて毎日細かく調整しながら店内で生地を仕込み、一晩寝かせて麺に仕上げます。

いいうどんは水をよく吸い、うまく茹であがると、小麦粉のいい香りが立ちのぼります。その食感は、「つるつる、もちもち」。鮮度抜群の、“打ちたて、茹でたて”のうどんをお楽しみください。

もっと見る